年収200万円

連合の調査「ワーキングプア層の生活・意識調査」(2011年7月)を読んでみる。この調査は『日経新聞(9月9日付)』でも紹介されていた。

個人収入が200万円以下で、家計の1割以上を負担している20歳〜59歳の男女が調査対象。男性500名、女性500名の合計1000名の有効サンプルを集計している。

さまざまな項目があるが、「現在の生活についての実態や実感_生活に関する項目」に示されている結果を引用してみよう。

  • 「世の中はやはりお金だ」と感じている (80.1)
  • 「収入アップは無理だ」と感じている (78.8)
  • 「貯蓄は無理だ」と感じている (67.3)
  • 自分の将来に希望が持てない (63.5)
  • 「世の中はお金じゃない」と感じている (25.7)
  • 「消費者金融への返済が苦しい」と感じている (18.8)
  • 生活が苦しくて、ホームレスになる可能性がある (11.1)

括弧内の数字は「非常にあてはまる」と「ある程度あてはまる」の合計である。例えば、「将来に希望が持てない」と実感している人が、63.5%いることになる。ホームレスになる可能性はないと感じていても、現在・将来への明るい見通しはもてていない。

2011年度の最低賃金改定結果が発表されているが、全国平均で737円、前年に比べて7円上がったに過ぎない。賃金は人々の暮らしを支えるという側面と、雇用主にとってのコストという側面がある。最低賃金引き上げに消極的な立場もあるが、いまの日本に必要なのは、まずは賃金引き上げであるように思う。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

年収200万円 への1件のフィードバック

  1. Takaaki のコメント:

    確かに賃金はとても大切であるし、やはりお金は重要なのは間違いないです。
    僕の意見を書きますと、歩合制の労働がもっと増えればいいのではないでしょうか?
    歩合制であれば、頑張ろうとやる気をだす人も多いと思います。
    もちろん、給料のすべてではなく、一部を歩合制にするほうが良いかもしれません。

    欠点を一つあげると、それによりやる気をだす人もいれば、でない人もいるでしょう。
    より格差が広がってしまう可能性はあります。

コメントを残す