誰が面倒をみるべきか

同居していない子どもは平均を大きく上回る収入を得ている。しかし、親が生活保護を受けている。おかしいのではないか、という議論がある。当然、収入のある子どもが親の経済的援助をすべきなのに、国からの援助を受けるのはいかがなものか、ということである。生活保護費が急増している現実からも、賛成する人も多いようだ。

まっとうに働いて得る収入より、生活保護を受けた方が収入が高くなるから、働かなくなってしまう人も増えるという議論もある。たしかに問題の一面を衝いていると思うが、なぜ低賃金で働かねばならないのか、働かされているのかを明らかにすることの重要性を忘れてはならない。

 

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ