世界人口70億人

国連人口基金(UNFPA)は世界人口白書を発表した。10月末日で世界人口は70億人になる。1950年代初期に48歳だった平均寿命は、20歳伸びて、68歳になった。人口が増加していく要因の一つは乳児死亡率の低下である。

1987年に50億人、1999年に60億人、そして2011年に70億人と世界人口は増加してきた。12年ごとで10億人ずつ増加して計算になる。

70億人の世界×70億人のアクション」キャンペーンが展開されている。

基金が提起している7つの課題。

  • 「貧困と不平等」
  • 「女性と少女」
  • 「若者」
  • 「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ」
  • 「環境」
  • 「高齢化」
  • 「都市化」

2010年10月1日現在の「日本人人口」は1億2535万8854人。前回調査に比べて37万1294人減少した。70億人の世界の中で、〈本格的人口減少社会〉になった日本。上記の7つの課題へのかかわり方を考えねばならない。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

世界人口70億人 への1件のフィードバック

  1. Y のコメント:

    7つの課題に対してゼミ生がどんなことを考えているのか知りたいものです。
    私は今の社会を考えると、誰が一番幸福なのかを世界の人々が争っているような感じがしてなりません。
    様々なデータを用いれば“表面的”なものは見えてきます。
    平均値が表すデータももちろん一つの指標にはなると思います。
    しかし、データは左右対称なものはないですから、どれだけ“どこ”に分散しているのかということにも注視しなければいけないと思います。貧困と不平等がまさにそうだと思います。
    表面的なものではない、深い議論をしなければ意味がない気がします。

コメントを残す