ひとの〈価値〉

そもそも、人の〈価値〉は金銭で測るものではない。

とはいえ、人の〈影響力〉を貨幣額で表現されることも多い。アップルのジョブズ氏が最高経営責任者を退任し、取締役会長になったという報道があった。アップルの時価総額は、今年4-6月期に米企業第一位になった。ジョブス氏退任が伝えられたとたんに、この時価総額が240億ドル(およそ1兆8400億円)減少したと言われている。この減少分が、ジョブズ氏の〈影響力〉の大きさとも言える。

株価はさまざまな要因によって上下するので、単純化しすぎのも良くないが、アップルCEOの〈経済的大きさ〉を改めて実感させられた。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

ひとの〈価値〉 への1件のフィードバック

  1. naonori のコメント:

    色んな場面や状況において、人は様々な尺度や物差しあるいは観点で相手を測り、捉えていきます。しかし、時として素の部分を捉えず、色眼鏡でその人物を品定めし、偏った見方をすることが数多あります。当然、人の価値や評価も必ずしも適正で妥当になされていないことが実に多いと存じます。人の価値とは、その人間の持っている能力やスキル、お人柄、性格など様々な要素が挙げられますが、何よりも最も大切なことは、仁愛、真心や誠実さあるいは万古不易の人としての信頼関係を重んじることが人間として枢要な要素であり、人の価値というものが表われるのではないでしょうか。しかしながら、曇りなき眼で人を見定めなくてはならないはずが、現代では非常に歪曲して判断をされていることに憂いを抱く今日、この頃です。

コメントを残す