一番幸せな国はどこか?

世界でもっとも幸せな国は?

 

Earth Institute (Columbia University)が作成したWorld Happiness Report。

“First World Happiness Report Launched at the United Nations”

http://www.earth.columbia.edu/articles/view/2960

 

Life evaluation score (0-to-10 scale)で測ったとき、上位国は北欧(Denmark, Norway, Finland, Netherland)。平均で7.6。下位国はサハラ砂漠以南の国(Togo, Benin, Central African Republic, Sierra Leone)。平均で3.4。

どのようなデータをもとにして、Happinessを測るScaleを作成したら良いか。簡単な仕事ではない。国のレベルと個人レベルという区別も考えねばならない。

Happinessを左右する要因として、政治的自由、緊密な社会的繋がり、精神的・身体的健康、職の安定性等々が挙げられている。

Reportの要約を見ると興味深い。例えば年代、性別に着目すると、

・“In advanced countries, women are happier than men, while the position is mixed.”

・“Happiness is lowest in middle age.”

といった点が指摘されている。先進国の「中年男性」はつらい(!?)

今後、ますますHappinessをめぐる議論が活発になっていくでしょうね。

 

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ